水素水を生活に取り入れる│不妊改善のキーアイテム

精液を検査する

下を向く男性

少子化や高齢出産という子育てを含めた問題が、たびたび世間で注目されている中、女性まかりが不妊に悩んでいるのではないということが判明しています。実に不妊の半数が男性の精子の異常で起こっているのです。一見健康に見える方や、体力に問題ない方でも検査をしてみると無精子症だったということが明らかになるのです。無精子症かどうか詳しい検査を行わないと判別がつかないので、健康診断で問題がないと言われているのに何年も子供ができない場合は、一度パートナーと一緒に不妊検査を受けてみましょう。

男性の不妊を調べるためには、まず無精子症かどうか調べなくてはいけません。フーナーテストや精液検査を利用して無精子症なのかどうかを調べていきます。この検査で精子が確認できない場合、より細かな検査を行なうことになります。医師による問診や触診、ホルモン値を調べて原因を探っていきます。触診で睾丸を触った時に痛みを感じるようなら、病気の疑いが出てきます。精子が作れない原因になる病気がいくつかあるのですが、尿路感染や性感染症などがきっかけで無精子症になることがあります。

精子の有無を確認した時に、閉塞性と非閉塞性に分けられることになります。閉塞性の場合は精路再建手術を行えば、性交により自然妊娠が可能になってくることもあります。手術を行うかどうかは、患者の年齢や体力などが考慮されます。35歳以上の年齢の場合は、人工授精や体外受精に切り替えることも提案されます。

Copyright © 2016 水素水を生活に取り入れる│不妊改善のキーアイテム All Rights Reserved.